11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

ここに候 "Re-order"

ええ。一人で暮らしますよ。    
<< ストーブリーグ | main | 殺戮の天使でいられた >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
恋続妄想劇場『こいしの恋詩』 
第一話『プロローグ』

第二話『ラブコメにありがちなお色気展開とドタバタ劇』

第三話『まふらの完全試合』

「じゃあ、投げるから。」
「はっ、はひっ」
「なーに、声裏返してんの?」

「おまえ第二話の最後でなにしたか覚えてないのかよ?」
なんてことは言いません。昔の人は言いました「命あっての物種だ」と。

「まずはまっすぐね」

まふらさんは足元をならすと、ふっと息を吐き、大きく振りかぶった。
そして脚を胸まで上げそのまま力強くマウンドを踏みしめる。
一瞬送れて長くてしなやかな腕が振り切られる。
軸足は流れていない。

まふらさんの手を離れたボールはオレのグローブにむかって走る。
きれいな球筋だな。よくテレビで「全国の絶景100選」なんてやってるけど、
ランクインできるな。このまっすぐは。

「第49位の富士山に続きまして、第48位は−冬乃まふらのストレート」
…実にシュールだ。

「次スライダー」
「んっ」
相変わらずよく曲がるスライダーだ。速さもまっすぐと変わらないし。
これがまふらさんの生命線だね。

「フォーク」
「ん」
スライダーほどではないがよく落ちる。十分計算ができる。




それからまふらさんは50球程投げ続けたあと、とてとてと歩いてきて、
すとんとオレの隣に腰をおろした。

「終わり?」
「ん」
「お疲れさま」
「これくらいじゃ疲れない」
「そっか」

やーな女だ。かっこよすぎるぜ。

「ところでさぁ、こいしくん?」
「ん?」
「あのさ?」

どしたんよ。いつになく言い淀んじゃってさ。はっはーん。わかったぞ。

「うんこなら、むこうだよ?」

だから疲れてもないのに切り上げたんだな。
なんだなんだ、かっこいいなんて思って損したぜ。

「…こいしくん、デリカシー足りてない。どこかでチャージしてきた方がいい」

家で「キリッ」 学校でも「キリッ」 遊びでも「キリッ」
電子デリカシーカード『Delica』好評発売中?

「まふらさんはオレへのデレが足りないからチャージしてきなさい!」

DELECAでデレよ?〜ツンっとしてデレよ?〜

「ばーか。デッドボールくらって二週間戦列を離れてしまえ!」

地味ぃーな嫌がらせだな。さすが。

「じゃあトイレじゃないならなんさね?」
「だからね、えっとさ、明日さ、10時からさ、守る会球場でさ、
私のさ、チームのさ、試合がさ、あるんだよね」

国語の授業か!

「おーそうなん?見に行くよ。がんばってくりゃんせよ」
「いいの?!」

かぶりつくように身を乗り出すまふらさん。

「う、うん。いいよ。暇だし」

「暇だし」なんてつけなくてもいいのに。いちいち照れ隠しを入れないとまじめな話ができない自分がいやでいやでしょうがない。でもそんなオレを尻目に、まふらさんはグローブの中のボールを弄びながら、

そっかそっか来てくれるか。よしっ。がんばらんとね。
うんっ、せっかく見に来てくれるんだからね。

と誰に言うでもなく呟いた。そしてぱっと顔を上げるとオレの目をまっすぐ見つめ、
―その目は彼女の投げるストレートより真っすぐできれいで

「明日、晴れるといいね!」



さすがのオレも「雨が降るとボールが滑って投げづらいからな」とは言えなかった。どうやら完全にオレの負けのようだ。

hit-sea | 恋続妄想劇場『こいしの恋詩』 | comments(0) | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM