03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

ここに候 "Re-order"

ええ。一人で暮らしますよ。    
<< 天使がいた12 月 | main | 落ちてゆくコインは二度と戻らない。 >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
不条理ギャグの金字塔GA
史料収集をするべく美観地区を歩いた。
高2以来だろうか。
やっと美観地区のおもしろさがわかってきた。
あまりに美しさに心がざわついて落ち着かなかった。
やはり自分は俗物のようだ。

みちすがら鯉を一匹助けた。ぬるぬるしていた。
道行く人に拍手をもらった。
いいことをすると気持ちいいかはわからないが正直鯉のぬるついた素肌は気持ち悪かった。

おじいさんに助けられた鶴は自らの羽で布を織った。
俺が助けた鯉は自らの鱗をもってうろこの盾を作ってくれないだろうか?
防御力がぐーんと上がる?
hit-sea | - | comments(0) | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM